一般的な仕事といえばサラリーマンであることは間違いありませんが、そうではない道を選ぶことも可能です。
それは自分で企業設立を行って独自の会社を作るという未知を考えることもできますが、そうではなく資格を取得して自分の手に職をつけるという方法によっても実現できます。
そしてそのための手法の一つが、公認会計士や司法書士の資格を取得することです。

公認会計士にしても、司法書士にしても、その資格をとったからすぐ安定した仕事になるとは断言できない部分があります。
ですがそれでも、公認会計士も司法書士もまだまだ需要があります。資格取得後事務所で経験を積み、独立開業への下地作りを行うことは十分に可能であるといえるでしょう。

そしてさらにいえば、いくら競合する相手がいるとは言ってもそれぞれの士業に関する法律において業務の独占が認められているのがこの世界です。
公認会計士の監査業務はその試験合格者にしか許されませんし、司法書士の登記供託業務に関しても、同じく試験合格者にしか許されません。
ですから、その段階で確実に自分の仕事に食いっぱぐれる可能性は大きく減る可能性が高いのです。

さらにいえば、試験合格への道のりそのものがなかなかの険しさであるがゆえにその段階でバッティングする相手は少なくなります。
自分自身の生活を作るにもつながる道を切り開くならば、この選択はある種有用であるといえるでしょう。

おすすめサイト

公認会計士になる勉強をするなら@勉強法を徹底リサーチ